So-net無料ブログ作成

ひざ・ひざの黒ずみ対策専用ジェル【ロコシャイン】

-| 2016年04月 |2016年05月 ブログトップ
前の3件 | -

肘の黒ずみ 重曹 [肘の黒ずみ 重曹]

重曹が肘の黒ずみに効くというのは、重曹のスクラブ効果によるものだそうですが、毛穴汚れなどによる黒ずみを改善していくという面よりも、古くて硬くなった角質を取り除くことで、黒ずみケア商品の有効成分が肌に浸透しやすくすることが重要だと言えるそうです。

黒ずみの主たる原因はメラニンなので、保湿ケア成分を十分に浸透させ、ターンオーバーを正常化することで、自然と色素沈着した細胞を新しい細胞へと入れ替えていくことが大切なんですって。ですから、スクラブだからと強くこすったりしても、黒ずみが大きく改善するわけでもなく、逆に皮膚の乾燥を引き起こして、逆効果をもたらすだけですので、重曹の使い方には注意が必要なんだそうです。

基本的な重曹の使い方は重曹大さじ1に対して、水小さじ1くらいを足していき、ペースト状になるまで混ぜ合わせます。ペースト状になったら、ひじに塗りながら、円を書くように優しくマッサージする程度で十分だそうです。ちなみに水の代わりにオリーブオイルを使うと保湿効果がアップするらしいので、やってみる価値はありそうですよ。



タグ:黒ずみ 重曹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肘の黒ずみを取る方法 皮膚科 [肘の黒ずみを取る方法 皮膚科]

皮膚科で行われる肘の黒ずみ治療方法は、飲み薬や塗り薬によるものだったり、場合によってはレーザーを使用することもあるようです。一番よく行われる治療方法は、非常に高い漂白効果があると言われているハイドロキノンという塗り薬による治療なんですって。

ハイドロキノンはメラニン色素に直接作用するので、摩擦や圧力によって生成されてしまったメラニンが蓄積してできてしまったひじの黒ずみにはまさにうってつけの薬だと言えるんだそうです。ただしハイドロキノンによる治療は保険適用外になるらしいので、と治療費は高額になってしまうそうです。海外から個人輸入をすることができるらしいのですが、副作用がある強い薬なので、できるだけ避けたほうがよいようですね。

ちなみにドラッグストアなどでも、ハイドロキノンが配合された薬が売られているそうですが、副作用を抑えるためにかなり薄めてあるんですって。このため、ハイドロキノン配合とはいえ、病院で処方されるものと比べると、効果はかなり低くなるみたいですね。

高い効果を期待して、ハイドロキノンを使用するなら、やはり安全性を考えて、皮膚科を受診して処方してもらったほうがよさそうですよ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肘の黒ずみ エステ [肘の黒ずみ エステ]

エステサロンで肘の黒ずみケアのコースって聞かないですよね。肘という小さな箇所をエステサロンでケアするというのはまだまだ浸透しておらず、ケアできるエステサロンも少ないのが現状なんですって。エステサロンとしても、肘だけの施術だと採算が取れないのかもしれませんね。

もちろん、肘の黒ずみケアができるエステサロンが見つかれば、やはりプロの施術ですし、角質をきれいに取り除くピーリングケアができて、高い効果が期待できるんだそうです。

ただし、肘だけでエステサロンに通うのはちょっと費用面でももったいないような気がしますね。もしかしたら、皮膚科で保険適用外の治療を受けたとしても、そちらの方が安くなるかもしれませんし、また市販薬でも良いものが出てきていますのでそちらを試してからでもよいかもしれませんよ。

ひざ・ひじの黒ずみに【ロコシャイン】





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の3件 | -
-|2016年04月 |2016年05月 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。