So-net無料ブログ作成

ひざ・ひざの黒ずみ対策専用ジェル【ロコシャイン】

肘の黒ずみ ハイドロキノン [肘の黒ずみ 白くする]

肌の黒ずみに対してハイドロキノンという成分が配合された薬が処方されることが多いようですね。このハイドロキノンは強力な美白成分であり、もちろん肘の黒ずみに対しても有効だそうです。

ただし、かなり強い成分ですので、副作用があり、十分に気を付けて使う必要があるんですって。
その副作用とは、

■ 肌が弱い方だと、肌がガサガサになったり、ピリピリとした痛みを感じることがあるそうです。
■ メラニン色素細胞(メラノサイト)除去が均一でないと、色のムラや白斑ができたりするそうです。
■ 肌を紫外線から守るメラニンが除去されてしまうので、紫外線に弱くなり、逆に黒ずみが進行してしまう場合もあるそうです。

使用される前には、これらのリスクを十分に理解しておくことが重要ですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肘の黒ずみを取る方法 塩 [肘の黒ずみを取る方法 簡単]

ネット上には、塩で肘の黒ずみが取れると紹介しているサイトがたくさんありますね。でも、これってちょっと信じがたいものがあります。

塩で黒ずみが取れる理由は、塩にはスクラブ効果があるからだとしているようですが、そもそも肘が黒ずんでいるのはスクラブで取れるような汚れではなく、刺激によるメラニン生成が主な理由のはず。でも塩には美白効果なんてありませんよね。

まぁ、若干新陳代謝がよくなるという効果があるのかもしれませんが、逆に強く擦り過ぎて、余計に刺激を与えてしまっていることになるケースもあるみたいです。できるだけ費用をかけずに何とかしたいのはわかりますが、あまり大きな期待を持っては行わない方がいいんじゃないかな。



タグ:黒ずみ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肘の黒ずみ 皮膚科 [肘の黒ずみ 皮膚科]

肘の黒ずみで皮膚科を受診した場合、漂白効果が非常に高いハイドロキノンという薬を処方してくれるケースが多いそうです。この薬は、摩擦や圧迫などの外的刺激によって過剰に生成されていたメラニン色素に対して、直接的に働きかけて漂白してくれるそうですよ。皮膚科で処方されるハイドロキノンは高濃度で配合されているので、高い効果が期待できるんですって。ただし、保険適用外になるそうなので費用はそれなりにかかるそうです。

ちなみに薬局でもハイドロキノン入りのクリームなどが購入できるそうですが、皮膚科で処方されるものに比べると
副作用を抑えるために、効果も弱めてあるそうです。逆にいうと、それだけ副作用の強い薬のようなので、使用方法はしっかり守ることが大切なんですって。

その意味では、海外から個人輸入で手に入れることもできるようですが、自己責任で使うことになり、リスクは高くなってしまうようです。安心、安全を考えれば、やはり皮膚科を受診した方がよさそうですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。