So-net無料ブログ作成

ひざ・ひざの黒ずみ対策専用ジェル【ロコシャイン】

肘の黒ずみにアットノンが効くのか? [肘の黒ずみ 薬]

 傷跡を治すアットノンという薬があるんですが、肘の黒ずみにも効くという噂があるんだそうです。でも、アットノンの効能から考えても、美白成分なんて入っていないですよね。

 なぜアットノンが肘の黒ずみに効くという噂が立ったのか調べてみたのですが、どうやら保湿してターンオーバーを正常化するという部分が共通しているみたいなんです。

 傷跡にしても黒ずみにしても、保湿によってターンオーバーを正常化し新しい細胞へと入れ替えていくという治療方法が同じなんですね。

 ただ、肘の黒ずみの治療に使ってもいいのかもしれませんが、相当に時間がかかると思いますし、他にも黒ずみ専用のクリームなどがあるのにあえてアットノンを使わなくてもいいのかなぁと思います。

 消したい傷跡があって、それにアットノンを使っていて、そのついでに使うなら最悪アリかもしれませんが・・・。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肘の黒ずみ 皮膚科 大阪 [肘の黒ずみ 皮膚科]

 大阪で肘の黒ずみ治療ができる皮膚科をお探しなら「シロノクリニック大阪院」というのも選択肢に入れるといいそうですよ。
 東京を中心に5院展開されている大手ですし、西日本最大規模のレーザー治療専門のクリニックなんだそうです。しかも総院長はドクターシーラボを開発した方なんですって。

 住所は大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト4Fになりますのでアクセスは非常にいい場所にあるのもポイントが高いと思います。

 ただ、公式サイトの「気になる症状から選ぶ」という項目の中に黒ずみという記載がありません。多分、シミというカテゴリーに入るんでしょうね。

 レーザー治療専門なので、ハイドロキノンやトレチノインといった薬による治療がご希望の場合には適しませんが、レーザー治療がご希望ならベストチョイスかもしれませんよ。




タグ:大阪 黒ずみ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肘の黒ずみクリーム [肘の黒ずみ 薬]

 肘などの黒ずみを治すクリームって、いったいどんな成分が有効なのかを、ロコシャインというクリームの公式サイトでチェックしてみました。

 有効成分として挙げられているのはこの2つですね。

■ 水溶性プラセンタエキス
 プラセンタというは胎盤の成分から抽出したエキスのことで、中でも水に溶ける性質のものが特に水溶性プラセンタエキスと呼ばれているんですって。水溶性のものの方が安定していて、肌に吸収されやすいんだそうですよ。
 新陳代謝の活性化、活性酸素の除去、シワやたるみの防止といった効能があるそうです。新陳代謝が活発になるので、ターンオーバーが正常に機能するようになり、メラニンを排出して肌を元の色に戻していくということなんでしょうね。

■ グリチルリチン酸2K
 主な効能は抗炎症作用と抗アレルギー作用だそうです。黒ずみ改善のための有効成分とは言えないような気がしますが、実は他にもステロイドと同じような作用があり、血流を抑えることで肌を白く見せることができるんですって。
 目先、肌を白く見せてくれるのかもしれませんが、治療・改善とはちょっと違うんじゃないかな・・・。

 もちろん、他にもサポート的な成分がたくさん配合してあるので、それらとの相乗効果で改善が期待できるんでしょうね。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。